冬のおうちジビエキャンペーン 期間:2020年12月24日(木)〜2021年1月31日(日)〉

冬のおうちジビエキャンペーン 期間:2020年12月24日(木)〜2021年1月31日(日)〉 冬のおうちジビエキャンペーン 期間:2020年12月24日(木)〜2021年1月31日(日)〉

ジビエ料理を、ご堪能あれ!


狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉「ジビエ」(フランス語)。
山野を駆け巡り大空を舞った天然の肉は、
脂肪が少なく引き締まり栄養価も高い、まさに森からの贈り物。
動物の尊い生命を頂く代わりに全ての部位を余すことなく料理に使い、
生命に感謝を捧げようという精神が流れているのです。
力強く生命力に溢れた「冬のごちそう」を、どうぞご堪能あれ!

抽選で600名様に「冬のおうちジビエ」セットをいずれかおひとつプレゼント 抽選で600名様に「冬のおうちジビエ」セットをいずれかおひとつプレゼント
キャンペーンに応募する

※応募規約に同意の上、応募フォームに必要事項とアンケートをお答えいただきご応募ください

加工品を使えば、簡単おいしい


ジビエ料理はレストランでしか食べられない?
いいえ、おうちでも気軽に楽しめます。
今回プレゼントするジビエの加工品を使って
簡単に(ここが大事!)できる贅沢レシピを3種類、ご紹介します。乾杯は目前!

「紀州マタギカレー猪」の
焼きカマンベールチーズカレー

「紀州マタギカレー猪」の焼きカマンベールチーズカレー

「紀州マタギカレー猪」の
焼きカマンベールチーズカレー

ポイント
猪肉がゴロゴロと入ったワイルドな印象のカレーで、猪の野生的な風味やニンニク、玉ねぎの甘味も感じられる品。それを踏まえてアレンジも男性的な大胆さを意識して、コクの強いカマンベールと一緒にグラタン皿で直火で焼いて仕上げる「焼きカレー」に仕上げました。食感と香ばしい風味のアクセントに、カリカリのフライドオニオンを添えて完成です。

  • 食材(1人分)
    紀州マタギカレー猪
    1パック
    カマンベールチーズ
    1/2個(横に輪切り)
    温泉卵
    1個
    フライドオニオン
    小さじ1
    パセリ
    適量
    パプリカパウダー
    適量
    紀州マタギカレー作り方1

    温泉卵を作りながら、カレーのレトルトパウチを温めます。
    卵は常温に戻しておき、1Lのお湯を沸かして沸騰したら常温の水を200mlほど加えます。このお湯の中に卵とカレーのレトルトパウチを10分ほど置き、温泉卵の調理とレトルトパウチの温めを同時に行います。

    紀州マタギカレー作り方1

    カマンベールチーズを横半分にスライスします。

    紀州マタギカレー作り方1

    温まったレトルトパウチの中身をグラタン皿に空け、横半分にスライスしたカマンベールチーズを乗せます。(この時カマンベールの皮の面を下にします)

    紀州マタギカレー作り方1

    魚焼きグリルで3〜4分弱火で加熱。カレーの表面が泡立ち、カマンベールの表面に焦げ目がついたら焼きあがりです。

    温泉卵を別の容器に割ってからスプーンなどですくってカマンベールチーズの上に乗せ、フライドオニオン、パセリ、パプリカパウダーを散らして完成です。

「北海道産鹿肉のポワブラード」の
ココット ドフィネグラタン風

「北海道産鹿肉のポワブラード」のココット ドフィネグラタン風

「北海道産鹿肉のポワブラード」の
ココット ドフィネグラタン風

ポイント
この商品は、ジビエ・栗・人参など、大地を感じさせる食材が多く使われており、ソースには蝦夷鹿肉の風味が凝縮されていて、具材はもとより、このソースを美味しくいただけるレシピを作成したく、今回はドフィネグラタンをアレンジして合わせました。
ドフィネグラタンはフランス南東部のドフィネ地方発祥の伝統料理で、ジャガイモと生クリーム、牛乳だけで作るグラタンです。フランス第二の都市リヨンでは、ソースのある料理には必ずと言って良いほど付け合わせとして登場します。
今回は多めの生クリームでコクを深くしたドフィネグラタンに、たっぷりのポワブラードソース、アクセントにソースと同じ大地の香りを持つマッシュルームを合わせて、粗挽きの胡椒で仕上げました。ソースとクリームがよく絡み、濃厚な美味しさです。

  • 食材(1人分)
    北海道産鹿肉のポワブラード
    1缶
    ジャガイモ(メークイン)
    中玉2個(約200g)
    生クリーム
    100ml
    牛乳
    170ml
    マッシュルーム
    小さめのもの4個
    バター
    適量
    粗挽き胡椒
    適量
    適量
    パプリカパウダー
    適量
    飾り用のマッシュルームの薄切り
    適量
    「北海道産鹿肉のポワブラード」のココット ドフィネグラタン風作り方1

    北海道産鹿肉のポワブラードを開封してそのまま湯煎、または小鍋に移して温めておきます。

    「北海道産鹿肉のポワブラード」のココット ドフィネグラタン風作り方2

    ジャガイモの皮を剥き、3mmほどの半月型にスライスします。
    マッシュルームの黒くなっている軸の先端部分を切り、5mmほどの厚さにスライスします。

    「北海道産鹿肉のポワブラード」のココット ドフィネグラタン風作り方3

    小さめの鍋に半月切りにしたジャガイモ、マッシュルーム、生クリーム、牛乳、適量の塩と粗挽き胡椒を加え、ジャガイモが柔らかくなるまでごく弱火で15分ほどコトコト煮ます。
    このときジャガイモのデンプンで粘りが出てくるので、焦がさないように気をつけます。

    ジャガイモが鍋の底に張り付くようなら、適度に牛乳を加えて粘度を調整します。
    反対にさらさらと水っぽい状態の場合は、スライスしたジャガイモを足してください。季節によってジャガイモの状態は異なるので、市販のホワイトソースのような粘りが出るよう分量を調節をしてください。

    「北海道産鹿肉のポワブラード」のココット ドフィネグラタン風作り方4

    内側にバターを塗った耐熱皿の半量まで盛り、魚焼きグリルの弱火で5分ほど、もしくは190℃のオーブンで15分ほど焼きます。表面に焼き目がついたら焼きあがりです。

    温めた北海道産鹿肉のポワブラードをバランスよく耐熱皿に盛り付け、たっぷりとソースを加えます。
    粗挽き胡椒、パプリカパウダー、薄切りのマッシュルームを適量飾り付けて完成です。

「みんな大好き!青椒肉絲の素」の
中華風ピラフ

「みんな大好き!青椒肉絲の素」中華風ピラフ

「みんな大好き!青椒肉絲の素」の
中華風ピラフ

ポイント
「みんな大好き!青椒肉絲の素」を1パック丸々使うレシピです。青椒肉絲と同じくピーマンとパプリカを用意するだけで、お家のバターとお米で簡単に調理することができます。元々ご飯にぴったりな青椒肉絲ですが、この商品に使われている鹿肉はバターとも相性が良く、合わせることで旨味とコクをたっぷりと吸った美味しさたっぷりのピラフになります。コツは本場のピラフのレシピ通り、フライパンで生米を先にバターと一緒に炒めること。この一手間で日本のお米を使っても、パラリとした食感に仕上がります。

  • 食材(1人分)
    みんな大好き!青椒肉絲の素
    1パック
    生米(無洗米)
    2合
    300ml
    ピーマン
    1/2個
    パプリカ
    1/4個
    バター(無塩)
    20g
    パセリ
    適量
    粗挽き胡椒
    適量
    「みんな大好き!青椒肉絲の素」中華風ピラフ作り方1

    ピーマンとパプリカを小さめの角に切っておきます。

    「みんな大好き!青椒肉絲の素」中華風ピラフ作り方2

    フライパンに無塩バターを溶かし、中火で生米を炒めます。米が半透明になるまで3〜4分ほど炒めれば完了です。(濃いめの味をお好みの方は、有塩バターで炒めてください)

    「みんな大好き!青椒肉絲の素」中華風ピラフ作り方3

    炊飯器に青椒肉絲の素、炒めた生米、ピーマン、水を加え、白米の炊飯モードで炊きます。(パプリカは食感を残すため、炊き上がってから加えます。)

    「みんな大好き!青椒肉絲の素」中華風ピラフ作り方4

    炊き上がったらしゃもじなどで全体を大きくかき混ぜ、余計な水分を飛ばします。パプリカを加えて混ぜ込み、炊飯器の蓋を閉めて3分ほど保温します。

    3分経ったらお皿に盛り付け、パセリと粗挽き黒胡椒を振りかけて完成です。

Goo Goo Fooフードクリエイター竹本ともこ

Goo Goo Fooフードクリエイター
竹本ともこ

広島県生まれ。
大学でフランス文学を専攻。フランス南部のリヨンでフランスの家庭料理を学ぶ。リヨンの家庭でお世話になる中、洗練されたフレンチとは違った、リアルなフランスの食を知る機会に恵まれ、食を通して季節を感じ、食材と食卓を大事な人や仲間で囲み、食事と時間を分け合うことの素晴らしさを認識。この、“分かち合い“‐Partage パルタージュ‐の精神を伝えていきたいと日々活動中。
地域資源を活用した食品開発支援や加工食品レシピ開発・商品を使用したレシピ提案、食を媒介にしたコミュニティ「お料理クラブ パルタージュ」主催。
Goo Goo Foo https://googoofoo.jp/

キャンペーンに応募する

※応募規約に同意の上、応募フォームに必要事項とアンケートをお答えいただきご応募ください

一目瞭然、動画で「おうちジビエ」


人気Youtuber1人前食堂 Maiさんが作る
〈冬のプチ贅沢おうちごはん〉
今回はキャンペーンプレゼントのなかのひとつ
「鹿肉のパルマンティエ」でご褒美ジビエを堪能。お酒と楽しむのもご一興♪
お料理が得意な人もそうでない人も、
さっそくトライ。

料理・食材愛好家・料理系YouTuber1人前食堂Mai

料理・食材愛好家・料理系YouTuber
1人前食堂Mai

1995年大阪府生まれ。
2019年にYouTubeで『1人前食堂』をスタート。
2020年11月初の著書「私の心と体が喜ぶ 甘やかしごはん」(KADOKAWA)を出版。
■YouTubeチャンネル
1人前食堂 
https://www.youtube.com/c/1人前食堂
■個人用SNS

Twitter 
https://twitter.com/ichininmae_1

Instagram 
https://www.instagram.com/
mai__matsumoto

note 
https://note.com/cookinggeek

キャンペーンに応募する

※応募規約に同意の上、応募フォームに必要事項とアンケートをお答えいただきご応募ください

通販で、ジビエ!


今回のプレゼント以外にももちろん、まだまだおいしいジビエがいっぱいあります!
おうちでゆっくりジビエショッピングは
いかが。

こんなのあるんだ47倶楽部 こんなのあるんだ47倶楽部

こんなのあるんだ47倶楽部
https://www.47club.jp/19M-000140oqg

#元気いただきますプロジェクト-ジビエ #元気いただきますプロジェクト-ジビエ

#元気いただきますプロジェクト-ジビエ
https://www.kokusan-ouen.jp/gibier/

もっと知りたい!
ジビエの情報はこちらから


ジビエト
https://gibierto.jp/

全国ジビエフェア
https://gibierfair.jp/

キャンペーンに応募する

※応募規約に同意の上、応募フォームに必要事項とアンケートをお答えいただきご応募ください

安心のお肉、ジビエ認証マーク


今回のプレゼントご提供施設を
紹介いたします。
すべての施設が、国または道県の
ジビエ認証マーク取得済み。
認証マークがお肉の安全性を保証します。

  • トムラウシは、アイヌ語で「花の咲き誇る場所」の意といわれますが、わたしたちドリーム ヒル・トムラウシにとっては、ここは夢を叶える場所です。大雪山系の豊かな自然の中で元気に育った〈山の恵み〉であるエゾシカを、その魅力を損ねることなく、そのまま家庭の食卓に、レストランの厨房に届けたい。その想いで、生体捕獲と一時養鹿の事業に挑戦しました。
    ドリームヒル・トムラウシのえぞ鹿肉は北海道の雄大な大雪山系で育ったエゾシカを生体のまま捕獲し、健康状態を確認の下、最良の処理方法で精肉した商品です。生体捕獲から一時養鹿、食肉処理・加工、商品管理まで一貫して行っており、肉に生臭さはなく、赤身の部分も美しい。自然の恵みが凝縮された柔らかい肉質は一度食べたらやめられない逸品です。
  • 日本で初めて、養鹿(エゾ鹿一時養鹿牧場)から商品開発・販売まで一貫して行っています。加工処理を行っている関連会社の(有)阿寒グリーンファームは、エゾシカ肉処理施設認証を取得している施設です。
  • 日本ジビエ振興協会は、ジビエの衛生的な処理や美味しい食べ方に関する知識の普及を行う団体です。ジビエ料理の普及拡大によって、増え続ける鳥獣被害を減らし、地域の活性化を目指しています。
  • 店主自ら格付員認定人の資格を持ち、最高な匠の技で解体された上質かつ安心安全の猪鹿肉を多数飲食店様に提供しています。
  • 私たちはジビエの事を少しでも知って頂きたく思っています。
    昨今の日本では多くの山間部や農村地域で、イノシシやシカの被害に悩まされています。捕獲のほうは猟友会の尽力もあり、大分県は日本で北海道に次ぐ第2位の捕獲頭数を誇っています。
    しかし、捕獲したイノシシやシカの97%が廃棄されていました。私たち食肉加工業者としては、害獣とはいえ美味しい食肉にできるイノシシやシカをただ廃棄するのではなくて、新たな資源としてのジビエ食材を有効活用することが使命だと思っています。命のありがたみと大切さを身近に感じながら、適正に処理した「安心」「安全」な食育につながる活動を続けていきます。
  • 九州山地の中程に位置し、村の96%が山林という西米良村。織りなす山々の起伏と深い森、季節ごとに色濃く表情を変えるこの村の自然が、これまで多くの生物を育んでまいりました。
    そんな西米良村に住む民にとってもジビエは貴重な山の恵みとして重宝されています。村人は数百年も昔から伝えられた狩猟の作法「狩詞(かりことば)」を守り、イノシシを幾山越えて追い続け、神楽の季節には贄として山の神に捧げます。その様は伝統の系譜をなぞるだけでなく、山とともに生きる村の生き方を今に伝えてくれるようです。
    現在ではイノシシよりも鹿が増え、鳥獣被害への対策としての猟を行うことも少なくありませんが、それでも古より伝えられた山への感謝を胸に、この恵みを享受していきたいと考えています。
応募概要

「冬のおうちジビエキャンペーン」

〈景品〉

「ジビエセット」6種類のなかからいずれか1セット
※景品(商品)は選べません

〈応募期間〉

2020年12月24日(木)~2021年1月31日(日)

〈当選発表〉

抽選で600名様当選
※発送をもって当選の結果とかえさせていただきます。商品発送は、2021年2月中旬ごろを予定しております。また、当選された方で、ご賞味いただいた感想をお送り頂いた方には、抽選で30名様に「高級ジビエ加工品セット」をプレゼントします。

〈応募方法〉

インターネットに接続できるパソコンとスマートフォンなどから受け付けております。規約に同意の上、応募フォームに必要事項を入力し、アンケートをお答えいただき、ご応募ください。※お1人様1回限りのご応募とさせていただきます。

応募規約
■応募資格
  • 応募期間中に、この規約に同意され、応募要項に従ってご応募いただいた方。
  • 日本国内に在住し、郵便物・宅配便の受け取りが可能な方。
■応募に関する注意事項
  • 次の場合にはご応募は無効になります。
  • キャンペーンサイトへの不正アクセス、メールアドレスの不正使用その他の不正行為を行った場合。
  • プログラム等による自動応答と当社が判断した場合。
  • その他違反事項と当社が判断した場合。
  • 応募者の利用する通信端末や通信事業者の提供するサービスの不具合等により、キャンペーンへのご応募が行えない場合や、情報漏えいやその他の損害が応募者や第三者に発生した場合においても、当社に故意または過失がない限り当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 応募に際してのインターネット接続料はお客様のご負担になります。
  • お1人様1回限りのご応募とさせていただきます。
■商品の発送に関して
  • 当選は発送をもって発表にかえさせていただきます。
  • 商品発送は2021年2月中旬頃を予定しております。
  • 再配達につきましては、運送会社の不在票に従って受取ください。
  • 商品の仕様(内容)、デザインは予告なく変更となる場合がございます。
  • 発送に関して、キャンペーン運営事務局もしくは配送業者から直接お電話にてご連絡を差し上げる場合がございます。
  • 応募内容に誤りや記入漏れがあった場合には無効となりますのでご注意ください。
  • 商品は返品・交換できません。
  • 商品は記載の期限内にお召し上がり下さい。
  • 商品と発送に関して発生する、すべてのトラブルや損害に対して、センター及び事務局は一切の責任を負いかねます。
  • 送付先情報のご入力が無い場合はご当選が無効となりますのでご注意ください。
  • ご当選の権利はご本人様のもので、第三者に譲渡・換金はできません。
  • 商品の送り先は日本国内に限らせていただきます。
■アンケート回答内容、個人情報の利用について
  • お預かりしたお客様の個人情報に関して、商品発送のためのお問合せの他、個人を特定しない統計的情報として利用させていただきます。お客様の個人情報はお客様の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示・提供することはございません。(法令等により開示を求められた場合を除く)。
  • 回答者は、著作者人格権を行使しないものとします。

〈主催〉
公益財団法人日本食肉消費総合センター

JRA

このキャンペーンは、公益財団法人日本食肉消費総合センターが
JRA(日本中央競馬会)の助成を受けて実施しております

お問い合わせ

冬のおうちジビエ
キャンペーン事務局
電話:03-6632-9631

受付時間:10:00〜18:00
(土日祝・年末年始を除く)
※2020年12月26日(土)~2021年1月4日(月)は年末年始のため休業とさせていただきます。
※ご利用時の通話料金はお客様のご負担となります。何卒ご了承ください。